いちご鼻 ファンデーション

いちご鼻ってファンデーションってどうやって隠すの?デメリットは?

顔のトラブルがあると、女性なら誰しもファンデーションで隠そうとするでしょう。特に鼻ニキビは目立つので、こってり塗ってしまいがちです。帰宅したらしっかり洗顔すれば良い、と考えているかもしれません。
しかしそれが、鼻ニキビを作り悪化させる原因のひとつであることを知っていますか?

 

鼻ニキビをしっかり隠そうとすると、パウダータイプよりもリキッドタイプを選びがちです。確かに、鼻ニキビの赤みや凹凸をしっかり隠すためには、その方がより有効です。しかしその分、油分を多く含んでおり、厚塗りにもなってしまいます。
また、しっかりカバー出来るということは毛穴を塞いでいるということであり、その中でアクネ菌が繁殖しやすい環境を作ることになります。ですから、化粧下地なども鼻ニキビには良くありません。

 

しかし、ファンデーションを塗らないで外出する勇気は、なかなかありませんよね。また、紫外線や埃などから肌を守るためにも、素肌をさらさない方が良いとも言われています。その際には、天然ミネラルで作られた、パウダータイプの日焼け止めを使用しましょう。余分な油分が含まれていないので、ファンデーションよりは悪化の速度を遅くすることが出来ます。

 

メイクをすると、洗顔時にも肌に影響を与えます。メイク落としは毛穴の奥まで汚れを落としますが、その際に必要な油分まで落としてしまうので、洗顔後の肌をより一層乾燥させてしまうのです。鼻ニキビにとって乾燥は大敵です。つまり、ファンデーションをつけるということは、昼も夜も肌を傷めるということになるのです。
鼻ニキビが出来たら、なるべくファンデーションは使わないようにしましょう。どうしても使わなければいけない場合には、鼻ニキビをさけてファンデーションを塗るよう、心がけましょう。